腎臓病に要注意|定期検診を忘れずに受けよう

病院

相談窓口を利用する

女性医者

肺腺がんは肺がんの一つで、主に女性や非喫煙者になりやすい病気です。治療方法は、手術であったり、化学療法などで行っています。もし、治療内容や癌に対して悩みや疑問点があれば、無料の相談窓口があるので、上手く活用をして治療に専念してみるといいです。

詳しくはコチラ

大腸の仕組み

男女

痛みや不快感などの初期症状がない大腸がんは、食事や運動量などの生活習慣が大きく関わっています。そのため40歳を過ぎたら定期検診を受けるようにしておけば、予防や早期発見に繋がります。内視鏡検査が発見には効果的ですが、MRIなど他の検査でも発見、治療が可能です。まずは担当医に相談してみましょう。

詳しくはコチラ

急病時の対応

医者と患者

浦安で夜間、休日など医療機関が閉まっている間に体調不良を起こした場合、夜間診療を専門としている診療所を利用することになります。後日改めて医療機関で治療をうける必要はありますが、一時的な症状の対処、見極めであればここで十分に対処していくことが可能です。

詳しくはコチラ

早めの受診で腎臓を守る

食事の内容を見直して腎臓病を克服しよう。色んな療法について紹介されているので参考にしてみるといいでしょう。

忍耐強い頑張り屋

病院

普段はあまり意識していない臓器の一つ腎臓ですが、実は腎臓病は非常にポピュラーな病気の一つです。日本国内における慢性腎臓病は1330万人いると言われており、治療を要する患者さんも600万人ほどいます。数字から見れば、誰でもかかる可能性のある病気と言えます。腎臓病の特徴は、とにかく自覚症状がほとんどないことです。腎臓は非常に忍耐強い臓器で、機能が20%程度にまで低下しないと、中々気づくことができません。ですから、ほとんどの方は定期検診で腎臓病が見つかります。自分では何でもないと思っても、日頃から定期検診は受けておきましょう。また、意外なところでは心筋梗塞や脳梗塞との関連性が深いことがあげられます。慢性腎臓病の方は梗塞にかかるリスクがそうでない方の2倍になるのです。普段はあまり表に出ることのない腎臓、その健康に気を配ってやりたいものです。

少ない自覚症状を見逃すな

自覚症状の少ない腎臓病ですが、それでも日頃チェックしておきたい点がいくつかあります。それが、毎日の尿の状態です。腎臓病の症状は、まず尿に出ます。主な尿の異変としてはタンパク尿と血尿があり、それぞれ「濁っていて、泡立っている」「尿が褐色のような濃い色をしている」といった特徴があります。何となくこのような症状に合致していると思ったら、すぐに検査を受けましょう。また、自分の目で見るのも大切ですが、尿試験紙が市販されていますので、それを使えばより正確に尿の状態を把握することができます。こうしたアイテムを利用して、より早く腎臓の異常を察知し、早期発見につなげましょう。腎臓は私たちの身体から老廃物をろ過して除去する、大切な臓器です。腎臓病に気をつけて、健康な生活を送りましょう。