腎臓病に要注意|定期検診を忘れずに受けよう

医者

大腸の仕組み

増加傾向の大腸のがん

男女

大腸がんとは盲腸や直腸など大腸に発生するがんであり、主に大腸粘膜の細胞から発生していきます。そして大腸の壁に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓や肺など別の臓器にゆっくりと転移していきます。大腸がんは目立った初期症状がないため痛みや不快感を感じません。そのため気が付きにくく進行させやすい病気です。実際、便秘や痔だと思っていたのが大腸がんの初期症状だったというケースもあります。大腸がんは生活習慣病によるものともいわれています。食生活や運動不足が大きく影響しており、40歳以上になったら定期的に検診を受けることが最大の予防と言われています。大腸がんは比較的治療しやすいので早期に見つかればほぼ完治します。

早期発見と予防の大切さ

大腸がんのスクリーニング検査で便潜血反応が陽性に出た場合、精密検査を受ける必要があります。この検査で陽性反応が出た場合、大腸がんと診断されるわけではありませんが、出血や腸の病気の可能性もあります。予防と発見に最も効果が高いのが内視鏡検査です。最近は内視鏡の診断技術が進歩しているので病理検査なしでもかなりの程度まで診断が可能です。この他にもX線検査やMRIなどあるので、がんの進行を確かめるには一番適切な治療を決めるうえで大変重要になります。精密検査を受ける場合、担当医と相談してきめましょう。また大腸がんは最近の治療の進歩によって中期のがんであってもほぼ完全に治すことができます。慢性的な出血や便秘、下痢などの症状が続くようであれば早めに受診しましょう。