マッサージを受ける時は服装に注意しよう!

マッサージを受ける人のスタンス『初心者さん講座』

マッサージを受ける時は服装に注意しよう!

ウーマン

服装について

東京や大阪でマッサージの施術を受ける時は、ジャージやTシャツなど体を圧迫しないような服が良いとされています。他にも、フードが付いていないトレーナーであれば私服でも施術を受けることができるでしょう。

男性

髪型も注意

首のすぐ後ろで止めるような方法はタブーとされていますが、高い位置で結ぶポニーテールやお団子結びは良いとされています。一番ベターな手段は髪をそのままにしておくことと言えるでしょう。

マッサージを受ける時に持っておいた方がいいアイテム

施術

ヘアゴム

マッサージをするときに、髪の毛が邪魔になることがあります。そういった場合、結ぶといいので髪の長い方はヘアゴムを持参しましょう。ヘアゴム程度なら荷物もかさばらないので持ち運びも苦になりません。

コンタクトレンズや眼鏡のケース

施術内容によっては目の周りをマッサージすることがあります。ですので、予めコンタクトレンズやメガネなどは外しておく必要があるでしょう。特にコンタクトは外した後ケースに入れないといけないため、忘れないようにするべきです。

マスク

顔のマッサージを受ける時、すっぴんになるといいのですが、すっぴんで外を歩くのが嫌というのであれば、マスクを持参しておくと良いでしょう。マスクなら目の下から全体を覆うことができるので、周りの目も気になりません。

化粧品

マッサージを受けた後は、自由にメイクもできるので化粧ポーチをカバンの中に入れておくといいかもしれません。エステサロンによっては化粧台が完備されているところがあるので、そこでメイクしてもいいでしょう。

広告募集中