腎臓病に要注意|定期検診を忘れずに受けよう

医者

相談窓口を利用する

女性医者

肺腺がんは、肺がんの中の非小細胞肺がん一つになります。肺がんの場合は、喫煙が大きく関わっていますが、肺腺がんの場合は、あまり因果関係が少ないです。女性の方や、タバコを吸っていない方に発症する病気になります。肺腺がんは、初期の段階ではあまり症状がありません。しかし、進行をしていくと、空咳や胸の胸の痛みや痰が出ることがあります。肺腺がんは、肺がんの検査の際などで偶然見つかることがあります。治療内容では、手術で患部を切除します。もし進行をしているのであれば、再発防止のために、化学療法や放射線で治療を行います。進行も他の癌と比べて緩やかです。他にもレーザー光線療法で癌細胞を照射して、死滅する方法があります。

もし、肺腺がんに限らず、癌になった場合には、本人だけではなく、家族も心配になります。治療や今後の未来について不安やこれからの生活も困る事もあります。もし、何かしら問題があれば、それぞれのプロが相談の受付をしている窓口があります。癌に対して治療内容をより詳しく知りたい場合や、家族などの悩みなどにも対応をしています。また病院探しやお薬の事にも専門家や看護士や薬剤師などが応えます。また仕事をしながら、治療ができるかなども対応をしています。インターネットであったり、専門のガイド本もあります。またお電話でも相談窓口があるので、上手く活用して、治療のサポートをしてもらいましょう。相談は無料で行っています。